クラブミュージック・シーンの礎を築いてきたDJ K.U.D.Oにインタビュー。DJ活動40周年を記念する野外パーティーが開催される。

カルチャー&トレンド

クラブミュージック・シーンの礎を築いてきたDJ K.U.D.Oにインタビュー。DJ活動40周年を記念する野外パーティーが開催される。

日本にまだクラブミュージックという概念が存在しなかった時代にDJ活動をスタートさせたDJ K.U.D.O。今年でキャリア40年を数えるDJ K.U.D.Oは日本におけるクラブミュージック・シーン、DJカルチャーの礎を築いてきた。そんなDJ K.U.D.Oの40周年を記念した野外パーティーが開催される。DJ K.U.D.Oに影響を受けた多くのアーティストやDJが山梨に集結する。


––– DJをはじめたきっかけを教えていただけますか。

2歳年上の兄が札幌のBlack Pantherと言うディスコに勤めていて、お前も働かないか?と誘われ、当時、黒人音楽も踊ることも大好きだったので、ふたつ返事で札幌に飛びました。

––– DJを職業として認識したのは、いつ頃だったのでしょうか。

当時、ウルフマン・ジャックなどのDJを聞いていたり、お店で先輩達のDJを聞いていて、自分もDJをしたいと思うようになりました。

––– DJ K.U.D.OからARTMANへと移行していきました。その理由教えてください。

ダンスDJは目の前のお客さんを躍らせることが使命です。それ以外の音楽をプレイするとDJが終わって、皆から「踊りたかった」、「ダンスを楽しみに来たのに」と毎回言われちゃう。チルアウト・ミュージックをプレイするには別名を名乗る必要性を感じたからです。元々、ENOを始め初期のクラフトワークなども好きで聞いていましたから。

––– パーティーや野外フェスにおいて、DJはどういう存在であるべきだと考えていらっしゃいますか。

まあ、単純に言えば目の前の人々を楽しませる事ですかね?

ただ、イベント内容によって求められる音楽が変わってくるので、主催者が自分に何を求めているのかを先ず確認します。また、野外ではチルアウトで頼まれていても雨が降ったり、寒過ぎればダウンテンポだったり、レゲエだったり体を動かせる音楽に変えたり、臨機応変に変えるようには心掛けてますが、人それぞれ音楽的なバックグランドが違いますのでなかなか難しいです。


––– 今までで、もっとも印象に残っているパーティーを教えてください。ハコでも、野外フェスでもかまいません。

これまで、たくさんのイベントで呼んで頂いてるので、どれが?と言われても難しいですが。やはりClub Yellowで自分でオーガナイズしていた<A.R.T.>でしょうか?

––– DJ活動40周年を記念した野外パーティー<A.R.T.>。どんなパーティーになりそうですか。

新旧のたくさんの友人達が出演、運営を手伝ってくれています。中には昔はハナタラシだった娘が、今では結婚して子供連れで受付手伝ってくれたり、懐かしい面々やDJ K.U.D.O.を知らない世代の人々も数多く来ると思いますが、全体的にはウォームなお祭りになるるのではないでしょうか?

––– 40年を振り返ってみて、ご自身では自分のキャリアをどのように感じていますか。

特に意識はしていません…あまり振り返らないし。よく言うのですが「目は前にしか付いていません」から。

––– 今後、目指すべきものを教えてください。

時間が出来たら『Re:sort』以来のアルバム制作と、原種の種に拠る農業。時間はかかるかもしれないけど、再び全国規模で集える<Rainbow 2000>のようなビッグ・フェスが出来るように、微力ながら働きかけていく所存です。

 

 DJ Artman aka DJ K.U.D.O 40th Anniversary "A.R.T."

開催日:10月10日(土)〜11日(日) 

開催地:みずがき山リューゼンヒュッテ(山梨県)

出演アーティスト

Live: Freaky Machine / Soft / Based on Kyoto / K.U.R.O / Waveshaper /Ebizo / Enitokwa / Nogera /ノゲタロウ / Sine6 / Astronoidnos a.k.a. Makio / Guusun
DJ: DJ K.U.D.O / Mixmaster Morris(UK) / DJTSUYOSHI / Masa / Ree.k / DJ Yorgurt / Shinkichi / Funkygong / ナカムライタル / Toby / Emile(白檀) / Anny (Elastic Moon) / Nori(posivison) / YUTA / Aym-jet / Podd / Hobo Brazil / Tech-shige / Peenuts / Mijinko / Artman and more...


関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑