CHAN-MIKAインタビュー 情熱を解き放つライブと救いを求める歌。

カルチャー&トレンド

CHAN-MIKAインタビュー 情熱を解き放つライブと救いを求める歌。

レゲエやソウルをバックボーンに、情熱を解き放つシンガーシンガーCHAN-MIKAが7曲入りのセカンドEPをリリースした。パワフルなステージングで、フェスでも人気を集めている彼女は歌に込めているものは何なのだろうか。

文=宙野さかな

 

––– そもそも歌い始めたのはいつ頃で、どんなきっかけがあったのですか。

歌い始めたのは19歳の頃です。知り合いのDJ殿のダンスイベントにお願いして出させてもらったのがきっかけで、レコードを持って行ってインストをかけてもらって歌っていました。ちなみに最初にカバーしたのはQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」でした。

––– それから徐々に音楽活動に入っていった?

はい。活動の形はひとりでなくバンドサウンドへ移行していき、ファンクバンドで数年時を過ごしていました。

––– どんな音楽を聴いてきましたか。バックボーンを教えてください。

 父が運ちゃん(トラック)だったので、演歌や歌謡曲が大好きでした。スチャダラやフリッパーズギターで青春時代を過ごして。洋楽ではTLC、メアリーJブライジ、アレサ・フランクリンなどのR&Bのファンでした。旋律、解放の美しさでElla Fitzgerald、Rachelle Ferrellにはまって歌っていました。ダンスクラブでバイトしていた頃に、朝方BOB MARLEYを聞いて新しい心地よさを知りました。


 ––– 2枚目のEP『Back to Where』の全国発売が開始されました。このミニアルバムのコンセプトは?

私がクラブで歌っていた頃の面影をメインに寄せました。アルバムプロデュースしてくれたしんごちゃん(長崎真吾)とは10年くらい前にセッションで出会っていて、このアルバムの一曲目「Explain」は当時歌っていた曲なんです。去年のある日。「あれやらないの?!」って聞かれて、「あ、今歌ったらどうなるんだろう?!」って思って録音してみました。

––– 漠然とした質問で答えにくいかもしれませんが、歌に込めているものとは何なのですか。

救いです。

––– ライブにも定評があります。ライブに求めているものとは?

はじめて聞く面白さ。聞いてくださるたくさんの感情が作る独特の緊張感のなかでしか出ない言葉や響きの高みでしょうか。私自身、ひとつひとつ会場、ひとつひとつのライブすべてが経験で、常にチャレンジさせてもらっているので、課題がザクザク出てきます。

––– リリースライブやフェスへの出演など、今後の予定を教えてください。

2月のアコースティックインストアライブを皮切りに、バンドセットでは6月10日東京「月見ル君想フ」がツアーファイナルになります!4月2日は代々木公園でのフェス「春風」に歌いに行きます。最新情報はHPをチェックして是非遊びにいらしてくださいませ!

 

CHAN-MIKA

横浜出身。Clubカルチャーに触れ歌いはじめる。ソウル、ジャズ、レゲエの生音に魅了されBAND活動する一方、ニューヨーク、ジャマイカ、オーストラリアでのセッションを重ね作詞、作曲、歌唱、オリジナリティーを探求していく。2012年8月に1stアルバム『SIDE 2 SIDE』をリリースし、iTunes 「BEST NEW ARTIST」(Reggae部門) を受賞。リリース後は自身の活動だけでなく、フィーチャリング楽曲、アーティストコラボレーション、また自主レーベルnatural vibes recordsを立ち上げ、精力的に活動している。ライブ・パフォーマンスにも評価を受けており、暖かみのあるファンシーなハスキーボイスと度肝を抜くファンキーなライブ・パフォーマンスはフェス~ライブハウス、バーやカフェ、お祭りとステージを選ばずオーディエンスを取り込み、揺らしている。2015年2月、旧友Hatayoungと共同制作したミニアルバム「SU☆MIKA☆E」に続き、ギターリスト長崎真吾をプロデューサーに迎え、2015年2枚目のミニアルバム「Back to Where」をリリース! 2016年2月、全国発売がスタートした。

【[Back to Where] Release tour 】

< CHAN-MIKA x shingo nagasaki acoustic set >

 4/10(日)神奈川:上大岡 ROOTS CAFE

 4/22(金)富山:富山 ボンジュールSAKATA

 4/23(土)石川:七尾 アメヤ食堂

 4/24(日)長野:長野 SOBA×CAFE EN

 4/30(土)千葉:いすみ ジャムネシア食堂  and more...

< Back to Where special BAND set >

 5/ 3(火)神奈川:横浜 Club Lizard Yokohama

 5/22(日)静岡:浜松 PlanetCafe

 6/10(金)東京:青山 月見ル君想フ

 

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑