ラブ&ジョーク。 唯一無二の感覚を ストリート&フェスへ ALDIES 阿久澤 隆

カルチャー&トレンド

ラブ&ジョーク。 唯一無二の感覚を ストリート&フェスへ ALDIES 阿久澤 隆

クレイジーと呼ばれるカラフルな柄を、特別なアイテムでないと生み出し続けている。自分の好きをつくるポジティブなスタンス。 

文・Lj編集部/写真・伊藤 郁

古着の魅力にはまる。 

– ファッションに興味を持ちはじめたのは?

阿久澤 僕は遅いんですよ。群馬県桐生市の高校に通っていたんですけど、陸上に没頭していたから、坊主頭でジャージ姿。大学もスポーツ推薦で入学しました。東京に出てきて、一気に開放されたんです。開放されたからこそ、その後は濃縮されたというか。そのときに好きになったものが、今も好きですね。

– 何を好きになったのですか。

阿久澤 古着ですね。下北沢が好きでした。古着のデニムと花柄…。そして <ハリウッドランチマーケット> でアルバイトをはじめたんです。

– そこで、ファッションに目覚めていったんですね。

阿久澤 そうです。 <ハリラン> では、デニムにワッペンなどを貼って、一点ものとして売っていたりしたんですよ。手を少し加えることによって、それを求める人がいるっていうことも知って。

–  <アールディーズ> を立ち上げたのは、いつだったのですか。

阿久澤 2004年です。その前に、友人たち4人でレディースブランドをはじめたんですね。ただみんなが他に仕事をしながらそのブランドをやっていたので、なかなかうまく回らなくて。結局、ひとり抜け、ふたり抜けて、3年くらいでそのブランドをたたむことになったんです。

– そして <アールディーズ> という自分のブランドをスタートさせた。

阿久澤  刺青も増えちゃったし、就職するのも難しいかなって思ってきて。ひとりでやるのなら、「自分が好きなことをやろう」と。そしたら、柄ものばっかりのブランドになってしまったんです。


普遍的なものに味付けを。

– 柄ものの生地には、立ち上げ当初からこだわっていたのですね。

阿久澤 今も、時間をみつけて探しに行っていますよ。最初の頃は、商店街にあるような古い生地屋さんを巡って。言葉は悪いんですけど、動きの悪そうな「大丈夫なの、この生地屋さん」っていうようなところに入っていって、奥で埃をかぶっているような生地を買ってくるんです。生産数も少ないので、帽子からはじめました。帽子は2メートルの生地を買ってくると、10個くらいつくれるんです。

–  <アールディーズ> をイメージしたとき、派手な柄が頭に浮かびます。

阿久澤 最初の頃は、だいぶバカにされていましたね(笑)。「こんなの誰が着るの?」とか、「これが売れたら、世の中が本当に平和になるよ」とか。けっして褒められていたわけじゃないですから。

– 例えば、ジョークが込められたようなアイテムもあります。そのアイデアはどうやって生まれるものなのですか。

阿久澤 人と違うようにしたいっていうところですかね。大きく人と違うところまではいかなくとも、ちょっと違うという微妙なスタンスが好きで。結果的には大きく違うらしいんですけど。でも僕としては、ちょっと人と違うところに落とし込んだつもりでやっているんです。形は普通ですから。 <アールディーズ> というブランド名も、オールディーズの…普遍的なものってこの言葉を解釈しているんですけど…OをAにした。普遍的なものに、オルタナティブな感覚や「阿久澤的」にするという意志を込めたというか。変わらないものにイズムを加える。

– 生地は、今ではオリジナルでつくっているのですか?

阿久澤 7割くらいが見つけてきた生地で、3割くらいがオリジナルです。最近、派手な柄がなかなか見つからなくなって(笑)。売れ筋と言われている生地では、他のブランドと違いが出せないじゃないですか。だから、真っ黒のアイテムとかは基本的につくらないですよ。

–  <アールディーズ> はインパクトがあります。

阿久澤 表面的なところが好きなんです。物づくりをしている人は、どんどん内側に入っていく傾向が強いんだけど、僕は内面に向かっていると感じたら、そこで止めてしまいますね。デザインって、一生考えられるものじゃないですか。だから、そのときのファーストインプレッションが大切なんだと思うんです。考え込んでしまうときもあるんですが、結局は最初に戻っていることが多いですから。帽子にしろバッグにしろ財布にしろウェアにしろ、全部を主役にしようと思っちゃうんです。4番バッターばかりを並べるみたいな。



存在意義としてのファッション。

– ファッションとは、どういう存在?

阿久澤 遊びじゃないです。仕事ではあるんだけど、仕事ですと言えない…。ライフワークというものでもない。存在意義みたいなものですかね。自分の存在意義が、今は仕事になっている。こう質問されると、答えるのが難しいですね。

– つくったり、考えたりしているときが一番楽しいものなのですか。

阿久澤 僕の場合は、サンプルが上がってきたときが一番楽しいしうれしいですね。つくっているときはそんなに楽しくないんですよ。工場からサンプルが上がってくる。段ボールを空けた瞬間が「わ、すごいものがあがってきた」と。

– 自分でも驚くんですね。

阿久澤 自分でパターンをひけないからでしょうね。僕らの物づくりは、僕がイメージを伝え、それをパターンをひくメンバーが形にしてくれる。このパターンをひくメンバーっていうのが、レディースブランドを4人で立ち上げたときのひとりなんです。自分のアイデアが、本当に形になっちゃったんだという驚き。

– やっぱり自分が着たいと思うものをイメージする?

阿久澤 そうですね。誰かに着てもらいたいというよりも、自分にとって、それがいるものなのかいらないものなのかが基準かもしれませんね。

– それは、自分が好きということ?

阿久澤 自分が好きなんじゃなくて、自分に自信がないからなんだと思います。自信がないから、どんどんショップを出したり、攻めることに向かってしまう。

– 新しいショップが、3月に渋谷にオープンしましたね。

阿久澤 ショップを出すことって楽しいんです。オープンする前って、たぶんバンドの人たちがライブをする前と同じような感覚なんですよ。ワクワクドキドキの、夢と希望しかない。で、オープンした途端に現実に戻されちゃうんですが(笑)。だからオープンだけは、何回もしたいですね。クローズは凹んじゃうんですけど。

– 今後、どういう展開を考えているのですか。

阿久澤 今年1月にニューヨークで開催された展示会に出店したんです。海外の展示会は、今回がはじめてです。積極的に海外へ出ていこうと思っています。アメリカだけではなくアジアにも。

– アメリカの人たちの反応はどうでしたか?

阿久澤 「クレイジー」とか「ハッピー」とか、僕でもわかる英語で答えてくれていました。すごく反応は良かったですよ。

– それだけ日本のファッションが注目されているということですか。

阿久澤 日本は「おもしろい」と思われていますね。例えば、ウェストバッグを斜めがけするのは、日本では当たり前のカルチャーじゃないですか。でも海外の人から見たら、ウェストバッグはウェストにするものなんですよね。我々日本人からすると「なにがおもしろいの?」ってことになるんだけど、向こうの人は「すごい発想だ」と。同じようにアウトドアのウェアをストリートで着ているっていうのも、彼らの概念にはないんです。アウトドアウェアは、ファッションとして着るものではなく、機能があるからこそ着ているという考え方。見方をちょっと変えてみると、ものすごく新鮮に映るいい例だと思います。

– 究極の目標を教えてもらえませんか。

阿久澤 自分たちのつくったアパレルや雑貨を、いつか古着にしたいんですよね。60歳とか70歳になって、仕事をリタイヤして世界を旅していたとします。ふと入った古着屋さんのレジの後ろに、派手な服が掲げられている。レジの後ろって、古着屋さんにとっては特別な場所で、売りたくないものを飾る場所なんですよ。その派手な服が気になって手に取ってみたら<アールディーズ>だった。自分でも忘れているのに、時間と場所を超えて、いろんな人のストーリーが込められていく。人の思い出に残る洋服をつくる。それが究極の目標ですね。


PROFILE
ALDIES 阿久澤隆
数々のブランドで、生産管理・企画・営業を経験し独立。2004年 <ALDIES> を立ち上げ、帽子やバッグづくりをスタートした。2007年下北沢にセレクトショップ店「NAPOLEON FISH」をオープン。2010年1月 ブランド初の海外展示会(香港)。2013年3月「Vancouver Fashion Week」にランウェイで参加。2014年7月直営店を三軒茶屋に移転。岡山店に続き、3軒目の直営店「ALDIES」をこの3月にオープンしたばかり。クレイジーと称されるファッション感を、ストリートやフェスに持ち込んだ。 

Lj38

関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑