あの『地球の上に生きる』のアリシア・ベイ=ローレルからメッセージ。広島で8月8日にイベント「祈」開催!

オーガニック&エコロジー

あの『地球の上に生きる』のアリシア・ベイ=ローレルからメッセージ。広島で8月8日にイベント「祈」開催!

70年前の8月上旬、日本はまだ戦争下にありました。そして8月6日には広島に、9日には長崎にアメリカ軍は原子爆弾を投下しました。多くの犠牲者をだし、8月15日に玉音放送により、日本の降伏が公表されました。

『地球の上に生きる』の著者アリシア・ベイ=ローレルと自然を感じる衣レーベル「Little Eagle:のデザイナーkaoricoさんの呼びかけにより、広島で世界の平和と調和を願う集いが開催されます。タイトルは<祈>。

「過去と現在、そして未来は繋がっています。過去が現在を作り、現在が未来を作ります。戦争の犠牲があって、今の私たちの平和が築かれています。戦争から70年。この時間の積み重ねは、今がある。そして今をどう生きるかで、未来は変わるし、過去の認識も変わるんだと思います。平和の灯を絶やさない。その思いを持ち続けることが、今に生きる私たちの使命であり、次に繋いでいかなければならないことだと思っています」とkaoricoさん。

 戦争について、平和について、過去について、未来について。<祈>は、それを考えるひとつのきっかけになる場かもしれません。

 

 開催日時:8月8日 14時〜19時30分(マーケット12時〜)

会場:日本基督教団 広島流川教会 広島市中区上幟町8-30 TEL 082-221-1813

出演:Alicia Bay Laurel、青柳拓次、hanauta こやまよしこ+マサハ、hyoutami、中野千春、MAKI、龍村ゆかり(トーク)、MINALU(舞)、Kaorico little eagle(衣・祈布)

 

 アリシア・ベイ=ローレルさんよりメッセージ

Alicia Bay Laurel

これは、ただの演奏会と呼べるものを超えたイベントになるでしょう。

私たちのような自然を崇める人々全てにとって、世界平和の実現を目指す意志を集中させるチャンスが今回の演奏会なのです。それは国家間の平和のみを意味するものではありません。 集団や派閥同士、個人と個人、人類と自然、ひとりの人間の内なる平和をも含めて。人間を集団で殺害するために世界で初めて原子爆弾が使用されてからちょうど70周年にあたるこの週に、私たちは演奏会を開くことを決めました。そして会場に選ばれたのは、壊滅的で悲惨な業火に見舞われた爆心地にほど近い、広島の流川教会です。

原子爆弾にはふたつの教えが込められています。

1.全ての戦争は全くの狂気であるということ。

2.ウランは人類に対して厄難と苦しみ以外の何をももたらさないということ。

電気の需要を満たす方法として、もっと環境に配慮した健全な方法が、私たちにはあります。そういう新しいテクノロジーはこの数十年の間に登場し、さらに安価に効率的になってきました。

私たちはこういった想いを歌にし、踊り、映像を観て、語り合い、私たちが掲げる未来像を世界へ送り出すために、エネルギーの渦をみなさんと一緒に創造します。

ゼヒゼヒ!私たちとご一緒に。そしてどうぞこのイベントを広く回りにシェアしていただけますように。

This event will be more than a concert. This is an opportunity for all of us green shamanic people to focus our intention on visualizing world peace - not only between nations, but between groups of people, between individual people, between people and nature, and within parts of ourselves.

We have chosen to do this on the week of the 70th memorial of the first atomic bomb that was used to murder a human community, and we have chosen to do it at Hiroshima Nagaregawa Church, which is close to the epicenter of that fatal, tragic firestorm.

The atomic bomb contains two messages: first, that all war is utter insanity, and, second, that uranium only brings trouble and pain to human beings.

We have cleaner, saner ways of supplying our needs for electricity, we've had these renewable technologies for decades already, and they are only getting cheaper and more efficient over time.

We will sing this, dance this, see a film about this, talk about this, and create together an energy vortex to send this shared vision into the world. Zehi zehi! Please join us. And please share this invitation widely.

Big Arigato to Shoko Saito for translating my message into Nihongo!

 

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑