五感で感じる音 StarFes 2014.9.20@千葉 幕張海浜公園

フェス(祭り)

五感で感じる音 StarFes 2014.9.20@千葉 幕張海浜公園

文・写真=伊藤郁

他のフェスとは一線を画す独自のラインナップで着実にファンを増やしてきた<StarFes>〉。
2014年はBOREDOMSが出演するとあって、観に行かないわけにはいかなかった。



午前10時、さざ波のようにゆったりと演奏がはじまった。砂浜の上に巨大スピーカーが4つ並ぶ。BOREDOMSのためだけに設営されたステージだ。20人のシンバルに8人のギターとベース、6人のドラマーが円輪配列になって音を創り上げていく。EYEの指揮に合わせて各パートが強弱をつける。徐々に重厚なシンバルの音が鼓膜を揺らし、ドラムスのビートが体を揺らしはじめた。気がつくと、さざ波は大きなうねりに変わった。大きな身振りで唄うEYEに、乱舞するオーディエンスの姿。「静」と「動」を繰り返し、あっという間に1時間半のステージは終了した。今回のライブはまるで演劇を観ているようだった。ライブは観るのではなく体感するものだということを改めて教えてもらった。





  この記事を掲載している『Lj』37号のebookはこちらから
   ※PCブラウザ、iOS(iPhone、iPad)のみ対応。

  Lj 37号(2014.12.25)

関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑