天が与えてくれた「忘れられない出来事」。LOVE SAVES the DREAM 2014.11.1-3@静岡 ハートランド朝霧

フェス(祭り)

天が与えてくれた「忘れられない出来事」。LOVE SAVES the DREAM 2014.11.1-3@静岡 ハートランド朝霧

文・写真/ 菊地 崇

開催初日の朝から雨が降り続いていた。2度目の開催となった2014年の会場は富士山麓の牧場。大量の雨は緑が広がる牧場を、徐々に田んぼのように変えていった。



出店ブースは120以上を数えた<LOVE SAVES the DREAM>。出店者がこのフェスを大きな要素になっている。ライブもひとつのバンドの演奏時間は1時間以上が用意されている。フェスでは、ラインナップを充実させればさせるほど短くなっていくものだけれど、ここではその両方を実現させていた。



僕が到着したのは2日目の夕方。雨は止んでいたけれど、会場は満足に歩けないほどの状態になっていた。田んぼというよりも泥沼。長靴をはいていても、入っていくことに躊躇してしまうところも少なくない。けれど、不思議にそこに流れていたのは、優しさと強さに満ちた空気だった。



最終日、朝から晴れわたり雄大な富士山が目の前に現れる。かつて何度もハードなフェスに参加したことがある。時間が経過し、強く記憶に残っているのはハードな体験をしたフェスだ。そしてその時間のその場所にいたすべての人と妙な親近感を抱く。朝霧高原の〈LOVE SAVES the DREAM〉にいたという共有感。雨と泥で心が折れそうになった人も多かっただろう。乗り越えた先にあったのが「優しさと強さ」というかけがえのない体験だった。天が「忘れられない出来事」を与えてくれたのだ。

  この記事を掲載している『Lj』37号のebookはこちらから
   ※PCブラウザ、iOS(iPhone、iPad)のみ対応。

  Lj 37号(2014.12.25)

関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑