ここだけにしかない夕陽とライブのバランス HOT FIELD 2015.8.22-23@黒部市宮野運動公園

フェス(祭り)

ここだけにしかない夕陽とライブのバランス HOT FIELD 2015.8.22-23@黒部市宮野運動公園



 文=菊地 崇/写真=宇宙大使☆スター

例年、というほど何度も行ったことがあるわけではないが、8月後半の富山は暑い。<ホットフィールド>に参加した、去年と一昨年は確かに暑かった。

復活して4回目となる2015年の<ホットフィールド>は、8月最終週ではなく、旧盆の翌週に開催された。

2015年は天候の不順が、富山のみならず全国で続いている。8月上旬の酷暑は、旧盆とともに去っていった。夏の雰囲気を残しながらも、雨にもほとんど降られず、快適な時間を過ごすことができた。


今年もふたつのステージで、交互のライブが繰り広げられていった。まずそのラインナップがいい。メジャーレーベルからのリリースはないものの、ライブに定評のあるバンドたちと、広く名前が知られているバンドが絶妙のバランスでセットされている。そもそもミュージシャンやバンドにはその垣根がないのだろうけど、そのどちらからも、フェスでどう自分たちを表現すればいいのかが聞こえてくる。

そしてもうひとつの大きな特長は会場の風景。芝生が拡がり、空が開放されている。メインステージに向こう側に太陽が沈んでいく。その移り行く光景を、ライブを見ながら感じられるのは、日本ではここくらいしかないだろう。

 コンパクトというほどこじんまりしているわけではなく、ビッグというほど広大ではない。ちょうどいい規模感のなかで、ステージや出店、ワークショップが並んでいる。少しずつ定着し、少しずつ進化を遂げている。<ホットフィールド>は、そんな成長を歩んでいるフェスだ。



関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑