30代の農民たちによる秋フェス「農民ダイナマイト」。新嘗祭の日に開催!

フェス(祭り)

30代の農民たちによる秋フェス「農民ダイナマイト」。新嘗祭の日に開催!

山梨県甲州市の神金地区。自然豊かなこの土地で農業を勤しむ「農民」がオーガナイズする秋フェス。ライブあり、美味しいオーガニック野菜あり、ハンドメイドの雑貨あり。五穀豊穣を祝う新嘗祭の日に開催される「農民ダイナマイト」のオーガナイザーにインタビュー。

文・写真=宙野さかな


––– <農民ダイナマイト>は、今年で何回目の開催ですか。またどんなきっかけではじまったのでしょうか。

元々この甲州市塩山神金の生まれで農業をしている若手農家と同じ志を持った仲間たちが、呑みの集まりでふと「神金で何かフェスやりたいねー」というゆるくて楽しいノリで開催しはじめたのが「神金フェスタ」です。それから2年後に地元の神部神社の氏子さんや、昔から神金に住んでいる人たちとも繋がり、2014年から本格的に「農民ダイナマイト」と銘打っています。皆さんの御協力あっての今年で通算第6回目の開催です。本当に感謝に尽きます。

––– 11月23日勤労感謝の日に開催されます。この日は新嘗祭の日。11月23日に開催することへの思いを教えてください。

実は実行委員の全員が当初知っていたということではまったくないんです。もともと11月23日の勤労感謝の日というのが「新嘗祭」だと知って、いろいろ調べてみたり宮司さんともお話しさせて頂いて分かったことは、僕らがやっていることの信念に新嘗祭というのはピッタリで最高ということ。感謝祭、収穫祭ですね。本当に「五穀豊穣」というのが我々全員の思いです。自然農や循環農法、今から農業を始める方々、そしてやっぱり御家族で御来場してほしいですね。子どもたちの記憶に残るようなダイナマイトな1日にします!

 

––– 今年はどんなライブ、出店が予定されているのでしょうか。

日本を代表するジャンベプレーヤーで農業も実践している奈良大介さんが4回目のご出演で、今年も大感謝の大トリを飾って頂きます! 公式で農民ダイナマイトという曲を作って頂きまして、生の祭りでその祭り節で踊れるのはこのお祭りだけです!

その奈良大介さんから伝わり、日本語のルーツ・レゲエ・バンドが繋がり、さらにその輪が出来上がっていきました。毎年この「農民ダイナマイト」が生んだムーブメントには県内外の出店者さんにも存分楽しんで頂けるようになりました。心と体にいいご飯を中心にオーガニック雑貨、ハンドメイド、去年は秋晴れに映えるコタツの出店もありました。それもみんな出店者さんはご縁です。輪になって踊れる楽しいアーティストや目出度い祭りにぴったりな出店の方々が並ぶ予定です。

––– <農民ダイナマイト>が開催される甲州市神金地区の特徴を教えてください。

四季を通じて、その季節に長けた野菜がしっかり収穫出来、しかも美味しいものが出来るところです。野菜の話ばかりになってすみませんが、普段都会で暮らされている方が見たら自然がとても近いとこだなと実感出来ると思います。田舎には確かにゆっくりした時間が流れていて、水は美味しい。それを今日も90歳を過ぎたおじいさん達は飲みほす。温泉もとても有名なんです。神金の人たちは祭りごとが大好きだし根っこから人情があると思います。それもこれも自然への敬意あってこそですね。神部神社(かんべじんじゃ)と金井加里神社(かないかりじんじゃ)の頭文字をとって「神金」です。心から縁起のいい地名です。


––– はじめて参加する人のために、<農民ダイナマイト>の楽しみ方を教えてください。

第一回からラジオ体操で始めています。お客さんには健康第一に歩き回って欲しいです。お昼には農民大運動会と銘打って綱引きを開催します。童心に返って、スポーツの秋を楽しむのも田舎ならではのイベントです。神社では実行委員会が無農薬で育てた餅米を使った餅つきをし、ふるまいも行われます。心奮わすアコースティックミュージックが神社から聞こえ、広場では平和のリズムがドンドンと鳴っている。唄ったり踊ったりと音と遊び、自由に楽しむのも新たな楽しさが増えるかもしれません。たくさんの企画を体験して、スポーツ、芸術、食欲の秋を楽しんでいってほしいです!


––– 多くの見どころがあると思いますが、「今年はこれを感じてほしい」こととは?

いろいろなことをひっくるめた、「大切さ」というものを感じてほしいですね。とにかくメッセージがこもった秋のお祭りです。実行委員会一同、奮ってダイナマイトしますので、五感でフルに楽しむお祭りをみなさんで楽しみましょう!

 

農民ダイナマイト

開催日:11月23日(月・祝)

会場:甲州市神金小学校近辺

入場無料(駐車代500円)

出演:かむあそうトライブス、内田コーヘイカルテット&西内徹、奈良大介、他

関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑