SOLSTICEインタビュー。今年は幕張に会場を移して、トランスパーティーの新しい風を吹かせる。

フェス(祭り)

SOLSTICEインタビュー。今年は幕張に会場を移して、トランスパーティーの新しい風を吹かせる。

東京から近い幕張での開催となった2016年のSOLSTICE。いよいよ開催が近づいてきた。JUNO JUNO REACTORをヘッドライナーにSYSTEM 7やDACHAMBOなど、多彩な顔がそろった。オールナイトとは違うワンデイの開催。今年はどんなパーティーを目指しているのだろうか。


–––– 昨年、8年ぶりに開催されたソルスティス。振り返ってみて、どんな収穫があったのでしょうか。

去年は久々の開催ということもあり、アーティストも含め古くからの友人やファンが集まりました。そこへ新たなトランスファンも加わり、予想を超える人数の方々に楽しんで頂き、とても良い雰囲気が作り出せたと思います。

–––– 今回、山(修善寺)から海(幕張)に会場が変わりました。その理由は?

都心からアクセスがしやすく、トランスにあまり馴染みのない若いお客様にも来やすい環境を考えました。もちろん昔からのトランスファンにも存分に楽しんで頂くためにタープエリアやキッズエリアを設置することを決めました。


–––– 幕張に変わったことで、オールナイトではなくなりました。1日のどんなストーリーを描いていますか。

山とは違った開放感溢れるビーチでジャムバンドやアンビエント、プログレッシブからフルオンまで、トランスの鮮やかで多様な面を新旧のお客様達に体験させることができると考えています。また広いビーチになったことで、サウンドシステムも去年よりスケールアップ。迫力のあるサウンドが体験できると思います。

–––– この時季のビーチでの開催は、熱中症対策も必要だと思います。参加するみなさんに、どんなことを呼びかけていますか。

今回はタープエリア、キッズエリア、テントのある飮食エリアを用意しました。また、救護テントには常時、数名のドクターと看護師が待機しております。自分の体調を考えながら思う存分楽しんで欲しいです。


–––– ステージがふたつということで、出演するアーティストも厳選されているような印象です。今年のラインナップの特徴を教えてください。

まずBEACHステージから、トランス&テクノ仕様の大きなラインアレイシステムやサブウーハーでのDachamboの演奏は他ではなかなか体験できないと思います。その後は海外のフェスで評判のZEN MECHANICS。 サイケDJのみならずアーミンヴァンブーレンなどのTOP DJにFREE TIBET (VINI VICI REMIX)がプレイされ話題のVINI VICI。なんといっても今年2枚のアルバムをリリースしたSYSTEM 7。サンセットを見ながら、スティーブ・ヒレッジのスペーシーなギターサウンドで踊るのは気持ちが良さそうです。JUNO REACTORは久々のトランスフェス出演ということで、今までのライブセットとは違うトランスアプローチでのプレイは必見です。

SOLステージは、アンビエントのカリスマMIXMASTER MORRISから始まり、LUCASやOUTSIDERSのフルオンスタイルまで緩急をつけた流れのあるラインナップになっています。


–––– ライブだけではない総合アートの場がパーティーだと思います。ここでどんな時間を過ごして欲しいですか。

砂浜で踊るだけでも気持ちがよく楽しめると思いますが、ステージを彩るデコや、ライブペインティングのパフォーマンスも是非見て欲しいポイントです。その他、VIPエリアで優雅に楽しんだり、持ち込みチェアエリアで夕日を見ながらチルアウトしたり。終演後に打ち上がる花火など、会場やステージ、エリアなどの全てを楽しんでもらいたいと思っています。


SMF 2016

開催日:7月16日(土)

会場:幕張海浜公園特設会場

出演:JUNO REACTOR、SYSTEM 7、FREE TIBET 、Dachambo、LUCAS、MIXMASTER MORRIS、他

関連記事

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑