「自然に囲まれた生活」 まずは下北沢へ! 「農民カフェ」(下北沢)郷カフェ/Village Fair 開催 9月5日スタート

ローカル(日本)

「自然に囲まれた生活」 まずは下北沢へ! 「農民カフェ」(下北沢)郷カフェ/Village Fair 開催 9月5日スタート


郷カフェ/Village Fairとは……

全国の素晴らしい土地と東京を結ぶことを目的として、9月から開催される郷カフェ/Village Fair 。期間中は、当地の食材を使ったメニューをはじめ、農産物や加工品の販売があり、現地の魅力解説セミナーも開催される。……ここまでだったら、百貨店などのフェアと変わりないのだが、「農民カフェ」の郷カフェ/Village Fairはちょっと違う。
「その地域を知ろう」「行ってみよう」「住んでみよう」の3ステップを目指している。だから1回限りの開催ではなく、1か月をめどに定期的に開催される。また実際に、お客さまを現地に招待するモニターツアーも企画中。田舎暮らしを夢見ている方にはまさにうってつけの企画だ。
「田舎で暮らしたい」と思っても、さてどんなところなのか、どんな人がいるのか、仕事はあるのか、住むところはあるのか……問題はいっぱいある。それが一つひとつ解決できる「入り口」が郷カフェ/Village Fairだ。
さらにiOSやAndroid端末のアプリを利用した<Village Passport>も地域ごとに発行される。このpassをダウンロードして郷カフェ/Village Fairに行くと、特典が用意されているほか、各種の情報がゲットできる。
仕掛けたのは自身も大分県臼杵市に移住した農民ロッカー、和気優さん。
「東京から発進し続けることに無理があると思った。日本の郷には、数え切れないくらい素晴らしい場所がたくさんあって、その魅力と同じくらいの人間力を持った人が暮らしている。和気は音楽のツアーでそうした地域と仲間を沢山知っていて、いつかブリッジになり、東京とダイレクトに繋ぎたいと思っていた。今がその時なんだ。何故なら和気は昨年、大分県臼杵市へ移住し、東京ではない地域から発進することにしたからね。それは大正解だった。毎日、農業やって、海に潜って、店で仲間を増やしている! この暮らしを知って欲しいし、そこに来て欲しい。農民カフェに和気がセレクトした魅力ある郷がやって来るんだ。みんなと繋げたいと思っている。スゲーぞ、日本の郷は!」とのこと。
9月から郷カフェ/Village Fairに参加するのは、大分県臼杵市と熊本県南阿蘇村。それぞれ、1週間、開催される。当日は、現地の方もいらっしゃるので、<Village Passport>をダウンロードして下北沢へ。一軒家カフェ「農民カフェ」で、ゆっくりと、当地の魅力を探りましょう。
自然に囲まれた生活、まずは、下北沢「農民カフェ」から。

Village Passportダウンロード

iOSの場合
最初から入っているアプリ「Wallet」を起動。下記のQRコードを読んで保存すればOK。

「南阿蘇村VillagePassport」


「臼杵市VillagePassport」


Androidの場合
(1)まずはQRコード読み取り用のアプリケーションで、下記のQRコードを読み取り、Pass用アプリ「NeoPass」をダウンロード。

(2)次に、「NeoPass」を立ち上げ、右上のマークをタップ。「QRコードリーダー」を立ち上げ、下記のQRコードを読み込んで、保存すればダウンロード完了。

「南阿蘇村VillagePassport」


「臼杵市VillagePassport」



スケジュール

郷カフェ/Village Fair南阿蘇村
2016年9月5日~11日
2016年10月3日~9日(10月9日 セミナー開催)
2016年11月7日~ 13日
2016年12月5日~ 11日

郷カフェ/Village Fair臼杵市
2016年9月12日~18日
9月17日(土)
14:00~14:30 セミナー ※市長参加
14:30~17:00 相談対応


このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑